アニメーションダンスの基礎|アニメーションダンスとスタイルの違い

アニメーションダンスを習得するポイントを全12回にわたって解説していくシリーズの第2回目です。

アニメーションダンスの基礎|アニメーションダンスとスタイルの違い

前回の解説

前回(第1回)の解説では、”アニメーションダンスの歴史”にスポットを当てて解説しました。

【第1回】アニメーションダンスの歴史

アニメーションダンスとは|歴史・ルーツ・発祥と2つの系統について
「アニメーションダンスの構造」を理解する第一歩は、アニメーションダンスの歴史を理解する事です。

第2回目となる今回は、アニメーションダンスとアニメーションスタイルの違いについて解説します。

アニメーションダンスとアニメーションスタイル

アニメーションダンスの表現は、主にアニメーションダンスとアニメーションスタイルの2つに大別する事が出来ます。

アニメーションダンスとは“今日のアニメーションダンス”の事で、現在一般の人々に”アニメーションダンス”として認識されているダンスのジャンルです。

アニメーションスタイルとは“オールドスクールアニメーションスタイル”の事で、オールドスクール3大ジャンルのポッピングの配下にあり、ポッピングやウェーブなどの各スタイルの一つとして位置づけられています。

アニメーションダンスとアニメーションスタイルは、それぞれの創られた背景が異なるため、自ずと表現する内容にも違いがあります。

その違いとは何なのでしょうか。

オールドスクールアニメーションダンスとは

今日のアニメーションダンスが形成されるには、もととなった前身のオールドスクールアニメーションダンスの存在があります。

そのオールドスクールアニメーションダンスを語る上で重要な人物は、ブガルー・シュリンプ(Boogaloo Shrimp)とフラットトップ(Flattop)の2人です。

ブガルー・シュリンプ

アニメーションダンスがストリートダンサーの間で知られるようになったのは、1984年公開の映画「ブレイクダンス」(Breakin’)の中で、ブガルー・シュリンプがほうきを使ったソロパフォーマンスをするシーンがきっかけでした。

クラフトワーク(Kraftwerk)のツール・ド・フランスの曲に乗せて、冒頭からほうきを左右に振りながら掃除をするしぐさをモチーフに、ブガルー・シュリンプが独自に開発した“リキッドアニメーションスタイル”を披露しましたが、このソロパフォーマンスシーンを起点としてアニメーションダンスが世界へ拡散していく事となります。

リキッドアニメーションスタイルの表現は、ロボットダンスの特徴である制限された各部位の可動範囲を解放し、カートゥーン・アニメーションの特徴であるパラパラ漫画を細かく滑らかに映し出した動きを組み合わせた“流れるように動くロボット”の表現をベースとしているのが特徴です。

ブガルー・シュリンプの場合は、このリキッドアニメーションスタイルの表現をダンスの構成の随所に散りばめ、ルーニー・テューンズ、トムとジェリー、ポパイなどに代表されるカートゥーン・アニメーションのコミカルな動き、秒間のコマ数を少なくしたカートゥーン・アニメーションの動きからインスピレーションを得て創られたパラパラ漫画のような表現のティッキング、そしてヘビやコブラなどの動物の動きを組み合わせたイマジネーション溢れる表現を自身の表現の武器としています。

フラットトップ

フラットトップは、カリフォルニア州ロサンゼルス西部にあるヴェニスビーチのストリートパフォーマー出身で、1990年代中期前後から海外のダンスイベントを収録したビデオに散見するようになり日本でもその存在が知られるようになります。

フラットトップの場合は、全身にパラパラ漫画のような動きを施したティッキング、通常の時間の流れから一瞬にしてゆっくり流れる世界へと変化するスローモーション、上半身を瞬間移動するような視覚効果を演出するワープ、そして見る者の意表を突く胸の突起(チェスト・バスター)や床すれすれのところまで開脚して保持する動きに代表される独特のアイソレーションなど、イリュージョン的表現を自身の表現の武器としています。

今日のアニメーションダンスとは

今日のアニメーションダンスは、DubstepなどのEDMに代表される独特の強弱の激しい曲調と静かでエモーショナルな曲調のコントラストに合うように、ダンスの構成をオールドスクールアニメーションダンスの表現手法から再構築しているのが特徴で、その表現構成を分解すると、オールドスクールアニメーションダンスで培って来た既成の各種スタイルと全て共通しているのが分かります。

今日のアニメーションダンスを演じる人は、ブガルー・シュリンプの流れるように動くロボット的要素をベースとし、フラットトップの全身ティッキングやスローモーションに代表されるイリュージョン的要素、そしてウェーブ、キングタット、バイブレーションなどの各種スタイルやパントマイムなどの他の表現要素を加えたスタイルを組み合わせる事によって独自の世界観を追求しています。

この表現が、現在一般の人々に「アニメーションダンス」のジャンルとして認識されているダンスです。

特筆すべき点は、ポッピンスタイルの扱いについてです。

今日のアニメーションダンスでは原則、オールドスクールアニメーションスタイルで表現されるポッピンスタイルは使わずに、ポッピングの”身体を弾く”という要素のみを利用して表現しています。

オールドスクールアニメーションスタイルとは

一方、オールドスクールアニメーションスタイルとは、ポッピン・タコによって開発された“ストップモーション・アニメーションスタイル”の事で、レイ・ハリーハウゼンの創り出したクリーチャーの要素とストップモーション・アニメーションの動きの要素を融合したダンススタイルです。

このダンススタイルは、ポッピングをメインスタイルとしたダンス構成の中の1パートで”ストップモーション・アニメーションスタイル”として表現しているのが特徴です。

ストップモーション・アニメーションとは

ストップモーション・アニメーションとは、内部に骨格を持つ可動式ミニチュア人形の動く様を1コマずつ変化させて撮影する事によって、再生するとその人形がまるで生きているかのような動きを表現する事が出来る、特撮技術を駆使した実写アニメーションの事で、ポッピン・タコが注目していたのはレイ・ハリーハウゼンの創り出すクリーチャー達の動きでした。

人間の手で1コマずつ人形を変形させて撮影するという手法のため必然と”ぶれ”が生じるのですが、そのぶれが再生した時の人形の動きの良い持ち味となり、コマ送り再生を早くしたような、滑らかさの中に細かくカクカクした独特の動きのある視覚効果を生み出しています。

ストップモーション・アニメーションスタイルの表現の特徴

そのため、この独特の視覚効果からインスピレーションを得て創り出されたストップモーション・アニメーションスタイルの表現の特徴は、独特の”細かさ”にあります。

例えば、私達がポッピン・タコの繰り出すコブラ、サイクロプス、Tレックスなどの技を見る時、どうしてもその独特な技の型にばかり目が行きがちですが、これらはあくまでレイ・ハリーハウゼンのクリーチャー達をイメージした”表面的な技の型”でしかなく、真の着眼点ではありません。

つまり私達が本当に着目すべきは、その技の動きの節々でポッピン・タコがさらりとやってのける“ストップモーション・アニメーションを彷彿させる細かい動きの表現”であり、この細かい動きの表現にこそ、このスタイルの神髄があるのです。

このダンススタイルの表現は今日のアニメーションダンスでは使われていないスタイルですが、オールドスクールアニメーションスタイルのダンサーによって受け継がれており、アニメーションスタイルを演じる人は、オールドスクールの伝統を踏まえながらも、そこに独自のスタイリングを加えた新たなオリジナリティーを追求しています。

参考

ストップモーション・アニメーションスタイルの細かい動きにスポットを当てて表現したアニメーションダンスです。

この動画では冒頭のストップモーション・アニメーションような動き、中盤のクリーチャーをイメージしたぶれで細かい動きを入れており、また、終盤の去り際ではアニマトロニクス(※1)のような細かい動きを入れて表現しています。

※1:アニマトロニクスとは、映画「ジュラシック・パーク」(1993年)のTレックスなどで使われた機械制御による特撮技術(VFX)の事で、ダンスではスムーズなモーションの間で生じる”ひっかかりのあるぶれ”を含めた「メカニカル」な動きの要素をストップモーション・アニメーションスタイルの動きへ織り交ぜて表現します。

ロボットについては第10回目で詳しく解説しています

【第10回】アニメーションダンスとロボット

アニメーションダンスとロボットダンスの動きの違い|やり方・コツ
ロボットの動きを取り入れた表現には主に3種類の表現があり、各々を使い分けて表現する事が求められます。

次にやるべき事

アニメーションダンスとアニメーションスタイルの違いについて理解した次にやるべき事は、ストリートダンスのルールについて理解する事です。

アニメーションダンスをいわゆる”アニメーションダンス”として決定づけるものは何でしょうか。

ストリートダンスの”スタイル”にはルールがあり、アニメーションダンスもストリートダンスであるためこの”スタイルのルール”が当てはまる、という観点から解説していきます。

【第3回】”スタイルのルール”とアニメーションダンス

アニメーションダンスの基礎|ストリートダンスのスタイルのルール
ストリートダンスの「スタイル」にはルールがあり、アニメーションダンスもこのルールが当てはまります。
スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

アニメーションダンス動画

アニメーションダンスの動画をYouTubeで公開しています。また、各種ムーンウォークの動画も公開しています。

 

アニメーションダンス解説

アニメーションダンスを習得するポイントを全12回シリーズで解説しています。

全12回の解説でアニメーションダンスに必要な基礎知識を体系的にまとめているため、第1回から第12回までの解説内容を理解する事によって、全体像を捉えた上でアニメーションダンスに取り組む事が出来るようになります。

アニメーションダンス講座|12のステップでわかる基礎・技・練習方法
「アニメーションダンスの構造」を理解するために取り組むべき事を12のステップ形式で解説します。

それでは、またの機会にお会いしましょう。

KAIZOU NINGEN

ダンス研究家。専門はムーンウォークとアニメーションダンス。幼少期にマイケル・ジャクソンのメカニカルな動きを取り入れたダンスに影響を受け、1990年よりダンスの研究を始める。マイケル・ジャクソン没後10年特集番組へ情報提供(TBS「一番だけが知っている」:2019年)。

フォロー
アニメーションダンス 基礎
スポンサーリンク
KAIZOU NINGEN
タイトルとURLをコピーしました