マイケル・ジャクソンはムーンウォークの神様ではない理由

マイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)を乗り越えるための考察を全5回にわたり解説していくシリーズの第2回目です。
マイケル・ジャクソンのムーンウォークを乗り越える方法
マイケル・ジャクソンのムーンウォークを乗り越えるための考察と方法を全5回シリーズで解説します。
スポンサーリンク

マイケル・ジャクソンはムーンウォークの神様ではない理由

私たちはいままでずっとマイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)をめぐる「勘違い」と「思い込み」の渦中にいて「ある事」に気づいていませんでした。

それは、マイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)は「乗り越える事ができる」という事です。

現在でも多くの人がマイケル・ジャクソンを「ムーンウォーク(バックスライド)の神様」としてリスペクトし続けていると同時に、マイケルのムーンウォーク(バックスライド)を「誰も乗り越える事ができない」と考えています。

しかしながら、本来マイケル・ジャクソンを「ムーンウォーク(バックスライド)の神様」としてリスペクトする事と、マイケルのムーンウォーク(バックスライド)を「誰も乗り越える事ができない」と考える事は切り離して考えなければなりません。

なぜなら、マイケル・ジャクソンはムーンウォーク(バックスライド)のレジェンドではありますが、未来永劫、誰も乗り越える事のできないムーンウォーク(バックスライド)の神様ではないからです。

そこで今回は、マイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)をめぐる「勘違い」と「思い込み」にスポットを当て、その真相について詳しく解説していきたいと思います。

マイケルがムーンウォークのレジェンドである理由

マイケル・ジャクソンはなぜムーンウォーク(バックスライド)のレジェンドであると言えるのでしょうか。

それは、マイケル・ジャクソンがムーンウォーク(バックスライド)のパイオニア(先駆者)であり第一人者であるからです。

レジェンドになりうる資質を持っている表現者とは

レジェンドになりうる資質を持っている表現者は大別すると次の3タイプとなります。

1. 完全新規の表現を提示した人:オリジネーター(考案者)

これまでになかった全く新しいダンスのジャンルやスタイルを創り出した人。

2. 時代のトレンドとなる表現を提示した人:パイオニア(先駆者)

オリジネーター(考案者)が創り出した完全新規のダンスのジャンルやスタイルをいち早く取り入れて「時代の最先端の表現」として一般に広めた人。

3. 独創的に新しく展開した表現を提示した人:第一人者

オリジネーター(考案者)が創り出した完全新規のダンスのジャンルやスタイルにインスピレーションを受けて、それを自身のクリエイティビティ(創造性)によって独創的に新しく展開した人。

これを踏まえ、次の解説ではマイケル・ジャクソンがどのタイプに当てはまるのかについて見ていきます。

マイケルはムーンウォークのパイオニアであり第一人者

マイケル・ジャクソンの場合、当時ストリートダンサーの間で流行りつつあった「バックスライド」にいち早く着目し、1983年のモータウン25(※1)での初披露によってバックスライド(ムーンウォーク)が一般に広く知られるようになりました。

この事でマイケル・ジャクソンは、2の「時代のトレンドとなる表現を提示した人」であるパイオニア(先駆者)の地位を確立しました。

またマイケル・ジャクソンは、かかとからつま先にかけて後方へ交互にスライドしながら移動していく表現である「バックスライド」を自身のクリエイティビティ(創造性)によって、月の上を歩いているかのように後ろと前へ同時に歩いていく「ムーンウォーク」である、と「解釈」しました。

そして1983年のモータウン25での初披露で、既存のバックスライドにも既存のムーンウォーク(※2)にも属さない「新しい価値観」として、マイケル・ジャクソンが「解釈」するマイケルバージョンのバックスライド、すなわち、月の上を歩いているかのように後ろと前へ同時に歩いていく「ムーンウォーク」を提示し、それを生涯にわたってやり続けた事によって、3の「独創的に新しく展開した表現を提示した人」である第一人者の地位を確立しました。

この事から、マイケル・ジャクソンは2の「時代のトレンドとなる表現を提示した人」であるパイオニア(先駆者)の地位を確立したと共に、3の「独創的に新しく展開した表現を提示した人」である第一人者の地位も確立したムーンウォーク(バックスライド)のレジェンドである、と言えます。

※1:マイケル・ジャクソンがジャクソン5時代に所属していたレコードレーベル「モータウン」の設立25周年を記念して開催された音楽の祭典。そのハイライトは1983年5月16日に全米でTV放送された。祭典の正式名称は「Motown25: Yesterday, Today, Forever」(モータウン25:昨日、今日、そして永遠に)。

※2:オリジナルムーンウォーク(Original Moonwalk)の事。エレクトリックブガルーズ(Electric Boogaloos)のブガルー・サム(Boogaloo Sam)が考案。直立姿勢からリラックスした状態で360度の弧を描くように少しずつ方向を変えながら、いかにも身体が無重力の月面空間を漂っているかの様に歩行していく表現。

マイケルがムーンウォークの神様ではない理由

それではマイケル・ジャクソンが「誰も乗り越える事のできないムーンウォーク(バックスライド)の神様ではない」と言えるのはなぜなのでしょうか。

それは、マイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)がバックスライドの「絶対的基準」ではなく「暫定的基準」でしかないからです。

レジェンドが背負う宿命

歴史の一時代を築いたレジェンドは、ある宿命を背負っています。

それは、次に続く者が現れ、超えられる時がかならず来るという事です。

なぜならクリエイティブの歴史は、常に時代の基準を創ったレジェンドと次に続く者との下克上で成り立っているからです。

つまり、次に続く者が前の時代のレジェンドが創った基準を乗り越えて新しい時代の基準を創ると、またその次に続く者がそれを乗り越えに来るというように、これらの繰り返しによってクリエイティブの歴史が塗り替えられているからです。

マイケルのムーンウォークは「暫定的基準」でしかない

これはバックスライドにおいても同じ事が言えます。

つまり、現在のバックスライドの「絶対的基準」となっているマイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)は、いまはその道の「絶対的基準」のようにあつかわれていますが、長期的な視野に立って考えると永遠にその道の「絶対的基準」として君臨し続けるわけではなく、いつかはクリエイティブを追求する「表現者」によって次の「基準」へと更新されていく「暫定的基準」でしかないのです。

ムーンウォークの「基準」の更新の変遷

ムーンウォーク(バックスライド)の「基準」の更新の変遷を見ていくと、少なくとも6回の「基準」の更新が行われています。

この6回の「基準」の更新で特筆すべきは、1回目はマイケル・ジャクソンが先人を乗り越えて「基準」を更新し、2回目はマイケルを乗り越えてマイケル以外の人物(ブガルー・シュリンプ)が「基準」を更新すると今度はマイケルがその「基準」を乗り越えて3回目の「基準」を更新し、それ以降はマイケル本人が自分自身を乗り越える事によって「基準」を更新してきた事です。

バックスライドの「基準」の始まり

ストリートダンスの歴史でバックスライドは、エレクトリックブガルーズのクリーピン・シッド(Creepin Sid)が1978年に全米放送された「Midnight Special」と「Hot City TV Show」の2つのTV番組でバックスライドを披露したのが始まりです(※3)。

この影響を受けたジェフリー・ダニエル(Jeffrey Daniel)は、翌年の1979年、キャスパー・キャ二デイト(Casper Canidate)とクーリー・ジャクソン(Cooley Jaxson)と共にダンスチーム「Jeffrey Daniel & The Eclipse」を組み、当時全米で最先端のストリートダンスを発信していた音楽番組「ソウルトレイン」へ出演した際にバックスライドを披露します。

当時はこの技術ができる人が少なかったため、「かかとからつま先にかけて後方へ交互にスライドしながら移動できる」という技術そのものに価値があり、それがストリートダンサーの間で「基準」となっていました。

※3:かかとからつま先にかけて後方へ交互にスライドしながら移動していくバックスライドの表現は、タップダンスの分野でビル・ベイリー(Bill Bailey)が1943年公開の映画「Cabin In The Sky」でバックスライドを披露しているのが一番古いとされている。

1回目の「基準」の更新

その後1983年のモータウン25で、マイケル・ジャクソンがBillie Jeanの間奏の部分で披露した「ムーンウォーク」によってバックスライドが一般に広く知られるようになります。

マイケル・ジャクソンは、かかとからつま先にかけて後方へ交互にスライドしながら移動していく表現である「バックスライド」を、自身のクリエイティビティ(創造性)によって、月の上を歩いているかのように後ろと前へ同時に歩いていく「ムーンウォーク」である、と「解釈」し、「前に進んでいるようで後ろへ進んでいくバックスライド」として一般に広めた事により1回目の「基準」が更新されます。

2回目の「基準」の更新

その翌年の1984年、映画「ブレイクダンス」(Breakin’)で、1983年(※4)から1991年までマイケル・ジャクソンのソロパートのアドバイザー(パーソナルポッピングインストラクター)を務めていたブガルー・シュリンプ(Boogaloo Shrimp)が、後方へスライドする際に「歩幅を大きく取りながらバックスライドする表現」を披露した事により2回目の「基準」が更新されます。

※4:モータウン25でマイケル・ジャクソンがムーンウォーク(バックスライド)を初披露した後の1983年。

3回目の「基準」の更新

このブガルー・シュリンプのバックスライドに影響を受けたマイケル・ジャクソンは「歩幅を大きく取りながらバックスライドする表現」を採用し、1984年のジャクソンズヴィクトリーツアーではムーンウォーク(バックスライド)の「歩幅」、「歩数」、「前傾姿勢の角度」、「つま先を立てる角度」、「バックスライドスピード」の改良を行った事によって3回目の「基準」が更新されます。

4回目の「基準」の更新

ソロとして初めてのワールドツアーとなる1987年のバッドツアーでは、ジャクソンズヴィクトリーツアーの改良点に「首の動き」を加えてムーンウォーク(バックスライド)を全面的にブラッシュアップし、その成果を披露した事によって4回目の「基準」が更新されます。

5回目の「基準」の更新

そして2回目のワールドツアーの1992年のデンジャラスツアーでは「歩幅」と「前傾姿勢の角度」を改良した事によって5回目の「基準」が更新されます。

またこのデンジャラスツアーで、1984年のジャクソンズヴィクトリーツアー以降採用してきた「歩幅を大きく取りながらバックスライドする表現」と「スピードの速いバックスライドの演出」によるムーンウォーク(バックスライド)は一つの完成形に到達します。

6回目の「基準」の更新

最後のワールドツアーの1996年のヒストリーツアーでは、1984年のジャクソンズヴィクトリーツアー以降採用してきた「歩幅を大きく取りながらバックスライドする表現」と「スピードの速いバックスライドの演出」を1983年のモータウン25と同程度に戻して原点回帰を行い、自身の掲げる「月の上を歩いているかのように後ろと前へ同時に歩いていくムーンウォーク」の表現コンセプトである「前に進んでいるようで後ろへ進んでいくバックスライド」を完成した事によって、6回目の「基準」が更新されます。

いまの状況

このように、ムーンウォーク(バックスライド)は1978年から1996年の18年間で少なくとも6回の「基準」の更新が行われており、最後の更新の1996年以降、数十年が経過したいまでも、この「基準」がムーンウォーク(バックスライド)の「絶対的基準」のようにあつかわれている「暫定的基準」となっている状況です。

誰が「ムーンウォークの神様」としてあつかっているのか

ここで私たちが改めて認識しなければならない事は、誰がマイケル・ジャクソンを「誰も乗り越える事のできないムーンウォーク(バックスライド)の神様」としてあつかっているのかという事です。

それは、マイケル・ジャクソン本人が望んでいるわけでもなんでもなく、私たち自身がそのようにしているだけなのです。

なぜなら、私たちは何か凄いものを見せつけられてしまうと、それにひれ伏し、それを「絶対的基準」として位置づけ、その道の「絶対的価値観」としてしまうからです。

技術のクオリティーの「絶対的基準」の存在

どの分野でもそうですが、ストリートダンスの世界にも、いわゆる「上手い」と言われている人がいます。

この「上手い」と言われている人は、なぜ「上手い」と言われているのでしょうか。

それは、ダンスの技術のクオリティーが一定基準以上である、と周りから評価されているからです。

一方、これとは反対に、いわゆる「下手」と言われている人がいます。

この「下手」と言われている人は、なぜ「下手」と言われているのでしょうか。

それは、ダンスの技術のクオリティーが一定基準以下である、と周りから評価されているからです。

つまりここでわかる事は、ストリートダンスの世界には暗黙の了解による技術のクオリティーの「絶対的基準」が存在し、それが上手い・下手を評価する「絶対的価値観」となっている、という事です。

これがバックスライドにもストレートに当てはまっているのがいまの状況です。

つまり、「ムーンウォーク」といえばほとんどの人はマイケル・ジャクソンがバックスライドしているムーンウォークを連想し、マイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)がバックスライドの「絶対的基準」である、という「暗黙の了解による技術のクオリティーの絶対的基準」の存在です。

「絶対的基準」の影響力

この「絶対的基準」の影響力は相当なもので、バックスライドを表現する表現者、それを見るオーディエンス、そしてバックスライドを学ぶ初心者、それぞれの意識の中に根深く浸透しているのです。

「絶対的基準」の影響力①:表現者

バックスライドを表現する表現者においては、表現者がマイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)に心酔してしまうと、マイケルのムーンウォーク(バックスライド)が「絶対的基準」となってしまいます。

そうなると、いつの間にか「絶対的基準」であるマイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)を完全コピーし完全再現する事がクリエイティブを追求する目標であると勘違いしてしまうようになり、その結果、その基準に「近づこう」という思考はあっても、「超えよう」という思考は持たなくなってしまうのです。

「絶対的基準」の影響力②:オーディエンス

バックスライドを見るオーディエンスにおいては、オーディエンスがバックスライドを見る際に行う「評価方法」に顕著にあらわれています。

その評価方法とは、表現者の演じるバックスライドを見る際に、かならず「マイケル・ジャクソンのムーンウォーク像」というフィルターと「表現者のバックスライド」を頭の中で重ねて比較する事によって評価する方法です。

この評価方法によってオーディエンスは、「マイケル・ジャクソンのムーンウォーク像」のフィルターに限りなく重なるバックスライドに対しては「上手い」と評価し、ずれていると容赦なく「下手」と評価するのです。

「絶対的基準」の影響力③:初心者

バックスライドを学ぶ多くの初心者においては、周りのこのような状況にしたがい、マイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)を何の疑いもなく「絶対的基準」としてしまいます。

そして、多くの初心者がかならずと言っていいほどやってしまうのが、マイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)を完全コピーし、マイケルのムーンウォーク(バックスライド)へできるだけ近づけて再現できる事を目標として練習する事です。

なぜなら、前述した「暗黙の了解による技術のクオリティーの絶対的基準」に沿うように練習する事によって技術のクオリティーが一定基準以上になれば、周りから「上手い」と評価される可能性が高くなるからです。

そして必然的にその「絶対的基準」のようにあつかわれている「暫定的基準」へ「近づこう」という思考はあっても「超えよう」という思考は持たなくなってしまうのです。

マイケルのムーンウォークをめぐる「勘違い」と「思い込み」とは

このように見てくるとわかるように、私たちはいままでずっとマイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)をめぐる「勘違い」と「思い込み」の渦中にいて気づいていなかったのです。

つまり、表現者もオーディエンスも初心者も、マイケル・ジャクソンの洗練されたムーンウォーク(バックスライド)を前に誰もがひれ伏し、それがバックスライドの「暫定的基準」でしかないにもかかわらず「絶対的基準」であると勘違いして、マイケルのムーンウォーク(バックスライド)に限りなく近づけた表現が「上手い」の「絶対的価値観」であると思い込んでいたのです。

そして必然的に、この「絶対的価値観」の頂点に君臨するマイケル・ジャクソンが「誰も乗り越える事のできないムーンウォーク(バックスライド)の神様」としてあつかわれるようになった、というのが現在の状況なのです。

私たちが真っ先に取り組むべき事とは

私たちはマイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)をめぐるこの「勘違い」と「思い込み」からそろそろ目覚めるべき時が来ています。

そして目覚めた私たちが真っ先に取り組むべき事は、「マイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)を乗り越える事」です。

決してマイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)を完全コピーし完全再現する事でも、「マイケルのムーンウォーク像」のフィルターと「表現者のバックスライド」を頭の中で重ねて比較する事によって評価する事でもありません。

マイケル・ジャクソンは未来永劫、誰も乗り越える事のできないムーンウォーク(バックスライド)の神様ではなく、乗り越える事のできるムーンウォーク(バックスライド)のレジェンドなのです。

スポンサーリンク

次回について

私たちはいままでずっとマイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)をめぐる「勘違い」と「思い込み」の渦中にいた事によって、バックスライドの習得においても「ある事」に気づいていませんでした。

それは、バックスライドの習得で「本当に目指すべきもの」は完全コピーではなく他にあるという事です。

それではその「本当に目指すべきもの」とは一体何なのでしょうか。

それは「自分の表現としてのバックスライド」です。

【第3回】マイケルのムーンウォークの完全コピーを目指さない方が良い理由

そこで次回は、マイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)の完全コピーを目指さない方が良い理由にスポットを当て、その理由を明らかにした上で、マイケルがどのようにしてムーンウォーク(バックスライド)を「自分の表現」として確立したのか、そしてそこから私たちがバックスライドを「自分の表現」として提示するための方向性とは何かについて詳しく解説していきたいと思います。

マイケルのムーンウォークの完全コピーを目指さない方が良い理由
マイケルのムーンウォーク(バックスライド)の完全コピーではない「本当に目指すべきもの」があります。

それではまた次のコンテンツでお会いしましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

あわせてチェックしたい「おすすめコンテンツ」です。

ムーンウォーク動画

各種ムーンウォークの動画をYouTubeで公開しています。

☆YouTubeチャンネルは こちら

マイケルのムーンウォークを乗り越える

マイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)を乗り越えるための考察と方法について全5回シリーズで解説しています。

マイケル・ジャクソンのムーンウォークを乗り越える方法
マイケル・ジャクソンのムーンウォークを乗り越えるための考察と方法を全5回シリーズで解説します。

バックスライド

マイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)のしくみから表現のポイントまでを全10回シリーズで解説しています。

ムーンウォーク講座|10のステップで上達するムーンウォークのやり方
マイケルのムーンウォークを従来のハウツーや完全コピーではなく「クリエイティブの観点」から解説します。

サイドウォーク

マイケル・ジャクソンのサイドムーンウォークの表現の基本となるサイドウォークのやり方とそれに関連するアニメーションダンスについて解説しています。

サイドウォークのやり方|マイケルに学ぶ横へ移動するムーンウォーク
マイケルのサイドムーンウォークの基本となるサイドウォークのやり方とアニメーションについて解説します。

その場ムーンウォーク

マイケル・ジャクソンの「その場ムーンウォーク」のしくみと足の使い方について解説しています。

マイケル・ジャクソンの「その場ムーンウォーク」の仕組みとやり方
マイケル・ジャクソンの「その場ムーンウォーク」の仕組みと足捌きのやり方について解説します。

回転ムーンウォーク

マイケル・ジャクソンの回転ムーンウォークでおさえておくべき主要5種の回転ムーンウォークについて解説しています。

マイケル・ジャクソンの回転ムーンウォークのやり方|主要5種を解説
マイケル・ジャクソンの回転ムーンウォークでおさえておくべき主要5種の回転ムーンウォークを解説します。
KAIZOU NINGEN

ダンス研究家。専門はムーンウォークとアニメーションダンス。幼少期にマイケル・ジャクソンのメカニカルな動きを取り入れたダンスに影響を受け、1990年よりダンスの研究を始める。マイケル・ジャクソン没後10年特集番組へ情報提供(TBS「一番だけが知っている」:2019年)。

フォロー
ムーンウォーク ダンス
スポンサーリンク
KAIZOU NINGEN
タイトルとURLをコピーしました