マイケルのムーンウォークの完全コピーを目指さない方が良い理由

マイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)を乗り越えるための考察を全5回にわたり解説していくシリーズの第3回目です。
マイケル・ジャクソンのムーンウォークを乗り越える方法
マイケル・ジャクソンのムーンウォークを乗り越えるための考察と方法を全5回シリーズで解説します。
スポンサーリンク

マイケルのムーンウォークの完全コピーを目指さない方が良い理由

私たちはいままでずっとマイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)をめぐる「勘違い」と「思い込み」の渦中にいた事によって、バックスライドの習得においても「ある事」に気づいていませんでした。

それは、バックスライドの習得で「本当に目指すべきもの」は完全コピーではなく他にあるという事です。

それではその「本当に目指すべきもの」とは一体何なのでしょうか。

それは「自分の表現としてのバックスライド」です。

そこで今回は、マイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)の完全コピーを目指さない方が良い理由にスポットを当て、その理由を明らかにした上で、マイケルがどのようにしてムーンウォーク(バックスライド)を「自分の表現」として確立したのか、そしてそこから私たちがバックスライドを「自分の表現」として提示するための方向性とは何かについて詳しく解説していきたいと思います。

なぜマイケルのムーンウォークの完全コピーを目指さない方が良いのか

そもそもなぜマイケルのムーンウォークの完全コピーを目指さない方が良いのでしょうか。

マイケルのムーンウォークの完全コピーを目指したくなる理由

マイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)は、表現として非常に洗練されており、完成度も高く、ムーンウォーク(バックスライド)を学ぶ上で最高の先生となってくれます。

しかし、学ぶ上では最高の先生となってくれるマイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)ですが、学べば学ぶほど、マイケルと自分との大きなレベルのギャップに絶望感を感じてしまうのも事実です。

この時点において、中にはマイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)に心酔し、マイケルのムーンウォーク(バックスライド)の完全コピーの追求へ方向転換してしまう人がいますが、その気持ちもわかるような気がします。

なぜなら、それだけマイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)にはいまでも人の心を惹きつけるだけの魅力があるからです。

マイケルのムーンウォークの完全コピーはマイケルの「二番煎じ」

このマイケル・ジャクソンの完成度の高いムーンウォーク(バックスライド)を完全コピーするにはそれなりに時間と労力がかかります。

そのためマイケル・ジャクソンをトレースして完全コピーする事には、それ相応の価値はあると思います。

しかしながら、それはあくまでマイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)を「学ぶ」という意味においてです。

もしあなたがマイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)を保存し後世へ伝える伝統芸能関係の人なのであれば、本解説でもマイケルのムーンウォーク(バックスライド)の完全コピーを目指す事を止めはしないでしょう。

しかし、もしあなたが伝統芸能関係と全く関係のない人なのであれば、マイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)の完全コピーを目指さない方が良いでしょう。

なぜなら、クリエイティブの観点からすると、マイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)の完全コピーはマイケルの「二番煎じ」であり、世の中に「新しい表現」、「価値観」を何も提示していないからです。

完全コピーではない「本当に目指すべきもの」とは

私たちはいままでずっとマイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)をめぐる「勘違い」と「思い込み」の渦中にいた事によって、バックスライドの習得においても「絶対的基準」であるマイケルのムーンウォーク(バックスライド)の完全コピーを目指す事が当たり前の価値観の中に数十年もの長い間居続けていたため「ある事」に気づいていませんでした。

それは、バックスライドの習得で「本当に目指すべきもの」は完全コピーではなく他にあるという事です。

それではその「本当に目指すべきもの」とは一体何なのでしょうか。

それは「自分の表現としてのバックスライド」です。

もう一つのマイケルの「二番煎じ」とは

マイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)の完全コピーはNG、という条件のもとで、「自分の表現としてのバックスライドを提示する」事を考えた場合、多くの人が考える事は「マイケルよりも精度を高めたマイケルを超えるムーンウォーク(バックスライド)」です。

つまり、マイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)の完全コピーをベースに、「技術」でマイケルよりも精度の高いバックスライドを提示する事です。

しかし、マイケル・ジャクソンがたどった道は「マイケル専用の道」であり、マイケル自身がその道の延長線上に到達する事によって意味があります。

そのため、他の人がマイケル・ジャクソンと同じ道をなぞり、マイケルが打ち立てたムーンウォーク(バックスライド)の到達点までをトレースして完全コピーし、その地点から先の延長線上に到達してマイケルよりも技術の精度を高めたバックスライドを提示しても、結果的には完全コピーと同様にマイケルの「二番煎じ」でしかないのです。

何をもって「自分の表現」であると言えるのか

それでは「自分の表現としてのバックスライド」を提示するためには何をもって「自分の表現」であると言えるのでしょうか。

3つの「表現」のタイプ

「表現」には気心知れた仲間内だけに通じる表現や、個人的趣味としての表現なども含まれますが、本解説で取り上げる「表現」とはこれらを除外した、対外的に「自分の表現」として提示するレベルの「表現」の事です。

この「表現」について大別すると次の3つとなります。

1. 完全新規の表現

2. 時代のトレンドとなる表現

3. 独創的に新しく展開した表現

先述の、何をもって「自分の表現」であると言えるのか、という問いに対しては、これらの3つ「表現」のうちどれか1つを提示できれば「自分の表現」であると言えます。

1. 完全新規の表現

「完全新規の表現」とは、提示した表現が、その分野の歴史においていままでに見た事、体験した事がない「全く新しい表現」の事です。

この全く新しいダンスのジャンルやスタイルを創り出した表現者の事をオリジネーター(考案者)と呼びます。

2. 時代のトレンドとなる表現

「時代のトレンドとなる表現」とは、オリジネーター(考案者)が創り出した完全新規のダンスのジャンルやスタイルをいち早く取り入れて「時代の最先端の表現」として一般に広め、時代のトレンドとなる表現の事です。

この表現は1の「完全新規の表現」の流派に属する表現で、この「時代のトレンドとなる表現」を提示した表現者の事をパイオニア(先駆者)と呼びます。

3. 独創的に新しく展開した表現

「独創的に新しく展開した表現」とは、オリジネーター(考案者)が創り出した完全新規のダンスのジャンルやスタイルにインスピレーションを受けて、それを自身のクリエイティビティ(創造性)によって独創的に新しく展開した表現の事です。

この表現は1の「完全新規の表現」の流派に属さず独立して新しく展開した表現で、この「独創的に新しく展開した表現」を提示した表現者の事を第一人者と呼びます。

マイケルはどのようにしてムーンウォークを「自分の表現」として確立したのか

これを踏まえ、マイケル・ジャクソンはどのようにしてムーンウォーク(バックスライド)を「自分の表現」として確立したのでしょうか。

マイケルはバックスライドの表現そのものを0から創り出していない

本題に入る前に、私たちはマイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)についてあらかじめ認識しておくべき事があります。

それは、マイケル・ジャクソンはムーンウォークの表現の根幹となる、かかとからつま先にかけて後方へ交互にスライドしながら移動していくバックスライドの表現そのものを0から創り出していない、という事です。

バックスライドの表現そのものを考えたオリジネーター(考案者)が誰なのかは現在でも明らかとはなっていませんが、マイケル・ジャクソンがムーンウォーク(バックスライド)を初披露した1983年よりももっと前から存在していた事は確かです。

確認できる情報として、タップダンスの分野でビル・ベイリー(Bill Bailey)が1943年公開の映画「Cabin In The Sky」でバックスライドを披露しているのが一番古いとされています。

また、ストリートダンスの分野では、1978年に放送された「Midnight Special」、「Hot City TV Show」の2つのTV番組で、エレクトリックブガルーズ(Electric Boogaloos)のクリーピン・シッド(Creepin Sid)が全米のTV放送で初めてバックスライドを披露しています。

つまり、いまとなっては「ムーンウォーク」がマイケル・ジャクソンの代名詞となっていますが、当時のマイケルには私たちが直面している課題と同様に、どのようにして既存のバックスライドを乗り越えて「自分の表現」として確立していくべきかという「乗り越えるべき課題」に直面していたのです。

マイケルはムーンウォークのパイオニアであり第一人者

このように、当時マイケル・ジャクソンが直面していた「乗り越えるべき課題」を踏まえ、マイケルがどのようにしてムーンウォーク(バックスライド)を「自分の表現」として確立したのかについて見ていきます。

マイケル・ジャクソンは、当時ストリートダンサーの間で流行りつつあった「バックスライド」にいち早く着目し、1983年のモータウン25(※1)での初披露によってバックスライド(ムーンウォーク)が一般に広く知られるようになりました。

この事でマイケル・ジャクソンは、2の「時代のトレンドとなる表現」のパイオニア(先駆者)の地位を確立しました。

またマイケル・ジャクソンは、かかとからつま先にかけて後方へ交互にスライドしながら移動していく表現である「バックスライド」を自身のクリエイティビティ(創造性)によって、月の上を歩いているかのように後ろと前へ同時に歩いていく「ムーンウォーク」である、と「解釈」しました。

そして1983年のモータウン25での初披露で、既存のバックスライドにも既存のムーンウォーク(※2)にも属さない「新しい価値観」として、マイケル・ジャクソンが「解釈」するマイケルバージョンのバックスライド、すなわち、月の上を歩いているかのように後ろと前へ同時に歩いていく「ムーンウォーク」を提示し、それを生涯にわたってやり続けた事によって、3の「独創的に新しく展開した表現」の第一人者の地位を確立しました。

この事から、マイケル・ジャクソンは2の「時代のトレンドとなる表現」のパイオニア(先駆者)の地位を確立したと共に、3の「独創的に新しく展開した表現」の第一人者の地位も確立したムーンウォーク(バックスライド)のレジェンドである、と言えます。

※1:マイケル・ジャクソンがジャクソン5時代に所属していたレコードレーベル「モータウン」の設立25周年を記念して開催された音楽の祭典。そのハイライトは1983年5月16日に全米でTV放送された。祭典の正式名称は「Motown25: Yesterday, Today, Forever」(モータウン25:昨日、今日、そして永遠に)。

※2:オリジナルムーンウォーク(Original Moonwalk)の事。エレクトリックブガルーズのブガルー・サム(Boogaloo Sam)が考案。直立姿勢からリラックスした状態で360度の弧を描くように少しずつ方向を変えながら、いかにも身体が無重力の月面空間を漂っているかの様に歩行していく表現。

バックスライドを「自分の表現」として提示するための方向性とは

以上を踏まえてまとめると、もしあなたがマイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)を保存し後世へ伝える伝統芸能関係と全く関係のない人なのであれば、目指すべきは「完全コピー」でも「マイケルよりも精度を高めたマイケルを超えるムーンウォーク(バックスライド)」でもなく、「自分の表現としてのバックスライド」です。

そして、対外的に「自分の表現」として提示するレベルの「表現」としてあげた、1の「完全新規の表現」、2の「時代のトレンドとなる表現」、3の「独創的に新しく展開した表現」の3つのタイプのうち、どれか1つをバックスライドの「自分の表現」として提示できれば、現在のバックスライドの「絶対的基準」となっているマイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)を乗り越えるための第一歩が踏み出せたと言えるでしょう。

しかしながらバックスライドの場合、「バックスライド」という完全新規の表現がすでに存在し(※1. 完全新規の表現)、1983年のマイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)によって一般に広く知られるようになった時代を80年代に経験しています(※2. 時代のトレンドとなる表現)。

そのためバックスライドを「自分の表現」として提示するための方向性として現実的なのは、3の「独創的に新しく展開した表現」です。

スポンサーリンク

次回について

ダンスの歴史でマイケル・ジャクソンが残した功績の一つは、当時ストリートダンサーの間で流行りつつあった「バックスライド」にいち早く着目し、「ムーンウォーク」としての価値を最大限に引き上げた事です。

マイケル・ジャクソンがムーンウォーク(バックスライド)を初披露した1983年から数十年が経過した現在においても、私たちはその影響下にあると言っても過言ではありません。

なぜなら、「ムーンウォーク」の名称が依然としてマイケル・ジャクソンの揺るぎない代名詞となっており、マイケルのムーンウォーク(バックスライド)を誰も超えられないでいるからです。

これまでマイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)を乗り越えるために先人が行ってきた事は、マイケルのムーンウォーク(バックスライド)をそのまま完全コピーし、その「技術」に対して追いつき追い越せという事でした。

しかしこのやり方には、たとえマイケル・ジャクソンよりも精度の高いムーンウォーク(バックスライド)を身につけて「技術」で追い抜いたとしても、結局はマイケルがたどった道をそのままなぞっただけであり、マイケルの「二番煎じ」にしかならず、乗り越えた事にはならないという限界がありました。

私たちはマイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)を、「技術の観点」からではなく「クリエイティブの観点」から捉えてマイケルのムーンウォーク(バックスライド)の「本質」を学び取り、乗り越えるべきだったのです。

【第4回】「ムーンウォーク」をマイケルの代名詞としておいてはいけない理由

そこで次回は、マイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)を乗り越えるための「突破口」にスポットを当て、その「突破口」がどこにあるのかについて詳しく解説していきたいと思います。

「ムーンウォーク」をマイケルの代名詞としておいてはいけない理由
マイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)を乗り越えるための「突破口」を解説します。

それではまた次のコンテンツでお会いしましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

あわせてチェックしたい「おすすめコンテンツ」です。

ムーンウォーク動画

各種ムーンウォークの動画をYouTubeで公開しています。

☆YouTubeチャンネルは こちら

マイケルのムーンウォークを乗り越える

マイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)を乗り越えるための考察と方法について全5回シリーズで解説しています。

マイケル・ジャクソンのムーンウォークを乗り越える方法
マイケル・ジャクソンのムーンウォークを乗り越えるための考察と方法を全5回シリーズで解説します。

バックスライド

マイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)のしくみから表現のポイントまでを全10回シリーズで解説しています。

ムーンウォーク講座|10のステップで上達するムーンウォークのやり方
マイケルのムーンウォークを従来のハウツーや完全コピーではなく「クリエイティブの観点」から解説します。

サイドウォーク

マイケル・ジャクソンのサイドムーンウォークの表現の基本となるサイドウォークのやり方とそれに関連するアニメーションダンスについて解説しています。

サイドウォークのやり方|マイケルに学ぶ横へ移動するムーンウォーク
マイケルのサイドムーンウォークの基本となるサイドウォークのやり方とアニメーションについて解説します。

その場ムーンウォーク

マイケル・ジャクソンの「その場ムーンウォーク」のしくみと足の使い方について解説しています。

マイケル・ジャクソンの「その場ムーンウォーク」の仕組みとやり方
マイケル・ジャクソンの「その場ムーンウォーク」の仕組みと足捌きのやり方について解説します。

回転ムーンウォーク

マイケル・ジャクソンの回転ムーンウォークでおさえておくべき主要5種の回転ムーンウォークについて解説しています。

マイケル・ジャクソンの回転ムーンウォークのやり方|主要5種を解説
マイケル・ジャクソンの回転ムーンウォークでおさえておくべき主要5種の回転ムーンウォークを解説します。
KAIZOU NINGEN

ダンス研究家。専門はムーンウォークとアニメーションダンス。幼少期にマイケル・ジャクソンのメカニカルな動きを取り入れたダンスに影響を受け、1990年よりダンスの研究を始める。マイケル・ジャクソン没後10年特集番組へ情報提供(TBS「一番だけが知っている」:2019年)。

フォロー
ムーンウォーク ダンス
スポンサーリンク
KAIZOU NINGEN
タイトルとURLをコピーしました