アニメーションダンスを上達するための基本テクニック・技・練習方法

アニメーションダンスを習得するポイントを全12回にわたって解説していくシリーズの第12回目(完結編)です。

アニメーションダンスを上達するための基本テクニック・技・練習方法

前回の解説

前回(第11回)の解説では、”アニメーションダンスとダンスの構成”にスポットを当てて解説しました。

【第11回】アニメーションダンスとダンスの構成

オーディエンスを惹きつけるアニメーションダンスの構成テクニック
「ダンスの構成」の良し悪しによってオーディエンスを惹きつけられる表現となるかならないかが決まります。

シリーズ完結編となる今回は、アニメーションダンスの基礎が出来た先に取り組むべき事が何であるのかについて解説します。

“アニメーションダンスの基礎”の基準とは

最初に、本解説における“アニメーションダンスの基礎が出来ている”事とは何かについて触れておくと、それは“アニメーションダンスの構造を理解し実践出来ている事”です。

具体的には、音楽とダンスの関係性および重要性を理解している事、アニメーションダンスとアニメーションスタイルの表現の違いを理解しており、それぞれを使い分けて表現する事が出来る事、そしてダンスを構成する各種スタイルとその関連性について理解した上で一通り使いこなしている事です。

たった3つの基本的な事ではありますが、クリアする事はなかなか難しい事だと思います。

しかし上記で挙げた3つの課題をクリアすべく、各自の目標を立ててぶれずに練習していく事によって、これらの課題をクリアした時には一般的なアニメーションダンサー以上のレベルの”アニメーションの使い手”になっている事でしょう。

それではこれまで解説してきた事のおさらいも兼ねて、アニメーションダンスとアニメーションスタイルの基礎についての解説から始めていきたいと思います。

アニメーションダンスとアニメーションスタイル

アニメーションダンスの表現の種類と特徴

アニメーションダンスの表現は、主にアニメーションダンス(※1)とアニメーションスタイル(※2)の2つに大別されます。

アニメーションダンスとアニメーションスタイルは、前者がストリートダンスの「ジャンル」、後者がメインスタイルをポッピンスタイルとしたダンスの構成の一つの「スタイル」という違いはあるものの、ダンスの構成に組み込まれて表現される各種スタイルは全て共通しているのが特徴です。

※1:今日のアニメーションダンスおよびその前身のオールドスクールアニメーションダンス

※2:オールドスクールアニメーションスタイル

基本構成と内訳

そのアニメーションダンスやアニメーションスタイルを構成するダンスの基本構成4種類のスタイルのパートで成立しています。

各パートの内訳は、「ポッピング」、「ウェーブ」、「ロボット」、そして「アニメーション」です。

「アニメーションスタイル」の2つのスタイル

この基本構成4スタイルの一つである「アニメーションスタイル」には主に2つのスタイルがあります。

一つは、今日のアニメーションダンスやオールドスクールアニメーションダンスを表現する場合の「アニメーションスタイル」で、“リキッドアニメーションスタイル”をベースとした表現です。

そしてもう一つは、オールドスクールアニメーションスタイルを表現する場合の「アニメーションスタイル」で、“ストップモーション・アニメーションスタイル”をベースとした表現です。

「アニメーションスタイル」に共通する事

リキッドアニメーションスタイルとストップモーション・アニメーションスタイルの「アニメーションスタイル」に共通する事は、基本構成のポッピング、ウェーブ、ロボットの3スタイルのように単独では固有のスタイルを持っていない事です。

そのため、リキッドアニメーションスタイルやストップモーション・アニメーションスタイルを成立させるためには、ポッピンスタイル、ウェービンスタイル、ロボットスタイル、ティッキンスタイル、バイブレーションスタイルなどの各種スタイルから要素を抽出し、取り入れる事でそれぞれの”アニメーションスタイル”を成立させています。

そして、リキッドアニメーションスタイルとストップモーション・アニメーションスタイルは、それぞれの創られた背景が異なるため、自ずと表現する内容には違いがあります。

リキッドアニメーションスタイルの表現の基礎

リキッドアニメーションスタイルを表現するためには、ロボットの動きの要素とカートゥーン・アニメーションの動きの要素の2つをおさえます。

ロボットの動きの要素と表現

ロボットの動きとは、各部位の可動範囲を主に左右(X軸)・上下(Y軸)・前後(Z軸)・(各軸の)回転へ制限した機械的動作へ、可動範囲を解放する事によって”滑らかなロボットの動き”とした動きの事です。

この”滑らかなロボットの動き”へカートゥーン・アニメーションの動きを組み合わせていきます。

カートゥーン・アニメーションの動きの要素と表現

カートゥーン・アニメーションの動きとは、アニメーション映画などに見られる1秒間につき24コマのセル画を配置する非常に滑らかなフルアニメーションに対し、TVアニメなどに見られる、コマ数を減らして12コマのセル画を配置したアニメーションの”パラパラ漫画を細かく滑らかに映し出したように見える動き”の事です。

この”パラパラ漫画を細かく滑らかに映し出したように見える動き”を行うためにティッキンスタイル(ティッキング)の要素を利用します。

ティッキングとは、時計の秒針がカチカチ動いていくように、等間隔に順を追ってパラパラ漫画のような動きを行うスタイルです。

可動範囲を解放した”滑らかなロボットの動き”へこのティッキングの要素をフルで入れると単なるティッキングとなってしまいますので、カートゥーン・アニメーションの特徴である”細かく滑らかに映し出したような表現”をイメージし、滑らかなロボットの動きの中へ溶け込むように「ティッキングの要素」を小刻み且つランダムに細かいアクセントをつけながら入れて表現します。

そうする事によって、ティッキングのみの動きの表現とは異なる、流すところは流し、カチ・カチッ…と一つ一つの動きのぶれを抑えるところは抑えた、滑らかさのある”流れるように動くロボット”、すなわち”リキッドアニメーション”の表現となります。

参考

リキッドアニメーションスタイルをメインに表現したアニメーションダンスです。

ストップモーション・アニメーションスタイルの表現の基礎

ストップモーション・アニメーションスタイルを表現するためには、レイ・ハリーハウゼンの創り出したクリーチャーの要素とストップモーション・アニメーションの動きの要素の2つをおさえます。

レイ・ハリーハウゼンの創り出したクリーチャーの要素と表現

レイ・ハリーハウゼンの創り出したクリーチャーには、スネーク(へび)、コブラ(へび)、Tレックス(恐竜)、サイクロプス(一つ目巨人)など、実在するもの、かつて実在していたもの、空想上のものがありますが、これらをイメージして身体の動きへ反映させたノーマルな動きが”要素”です。

例として挙げたクリーチャー達の動きは、ブガルー・シュリンプやポッピン・タコが各々のイメージする動きとして既に型として存在していますが、これらの型に当てはめずに表現者が解釈するクリーチャーの動きを創り出しても構いません。

ここでは代表的なスタイルとしてコブラを例に解説します。

両肘を胸の高さへ上げ、肘を肩と手首を結ぶ線よりも外側に突き出す事で肩・肘・手首を結ぶ三角形の形を作り、胸を大きくアイソレーションしながら回転して猫背の姿勢になった時に、キングコブラが威嚇の際に頸部を広げてかま首をもたげるポーズとなります。

この時計回り、あるいは反時計回りに胸を大きくアイソレーションしながら回転する動きを基本とし、身体全体をロールしながら回転する動きがコブラのノーマルな動きの要素です。

そしてこのコブラのノーマルな動きへストップモーション・アニメーションの動きを組み合わせていきます。

参考

コブラのノーマルな動きです(※胸を大きくアイソレーションしながら回転する動きを基本とし、身体全体をロールしながら回転する動き)。

ストップモーション・アニメーションの動きの要素と表現

ストップモーション・アニメーションの動きとは、内部に骨格を持つ可動式ミニチュア人形の動く様を人間の手で1コマずつ変形させて撮影する事によって、コマ送り再生を早くしたような、滑らかさの中に細かくカクカクした独特のぶれのある動きの事です。

この”滑らかさの中に細かくカクカクした独特のぶれのある動き”を行うためにバイブレーションスタイルの要素を利用します。

バイブレーションとは、全身、あるいは上半身や腕などの身体の特定の部位を小刻みに震わせる事によって表現するスタイルです。

コブラのノーマルな動きへこのバイブレーションの要素をフルで入れると単なるバイブレーションとなってしまいますので、ストップモーション・アニメーションの特徴である”滑らかさの中に細かくカクカクした独特のぶれのある動き”の表現をイメージし、コブラのノーマルな動きへ溶け込むように「バイブレーションの要素」を小刻み且つランダムに細かいアクセントをつけながら表現します。

そうする事によって、流れる動きの中にランダムに生じる”ぶれ”がストップモーション・アニメーションに出てくるクリーチャーの動きのような表現となります。

参考

ストップモーション・アニメーションスタイルをメインに表現したアニメーションダンスです。

スキルの磨き方の方向性

“アニメーションダンス”として決定づけるものは何か

今日のアニメーションダンスやオールドスクールアニメーションダンス、そしてオールドスクールアニメーションスタイルを、いわゆる”アニメーションダンス”として決定づけるものは何でしょうか。

それは、ダンスの構成の中に”アニメーションダンス”を表現する「アニメーションスタイル」のパートが設けてある事です。

例えば、一見「アニメーションスタイル」のように見えるものでも、よく見るとティッキングであったり、ポッピンウェーブやティッキンウェーブなどの”ウェーブの派生スタイル”であったり、あるいはバイブレーションと他のスタイルを組み合わせた”バイブレーションの派生スタイル”であったりします。

達人達のパフォーマンスから読み取れる事

興味深い事として、アニメーションの使い手であるオリジネーター(原作者)やパイオニア(第一人者)達のダンスの構成からこれらのパートを除外し、純粋に「アニメーションスタイル」として表現しているパートの占める割合を見ていくと、ある事が分かります。

それは、ダンスの構成全てを「アニメーションスタイル」として表現しているダンサーは皆無であり、「アニメーションスタイル」の占める割合はほんの少しであるという事です。

この事は何を意味するのでしょうか。

ここから読み取れる事は、リキッドアニメーションスタイルやストップモーション・アニメーションスタイルの「アニメーションスタイル」のパートは、ダンスの構成の中で”見せ場”となるパートとして位置づけられているという事です。

そして達人達は「アニメーションスタイル」以外のパートも、人々が「アニメーションスタイル」と見間違うぐらいのパフォーマンス力を兼ね備えているという事です。

この事から、もしあなたがアニメーションの使い手としてオーディエンスに”凄い”と唸らせるパフォーマンスをやりたいと考えているのであれば、ポッピンスタイル、ウェービンスタイル、ロボットスタイル、ティッキンスタイルなどのダンスの構成で使用する各種スタイルのレベルを標準以上に引き上げマスターするのと同様に、この「アニメーションスタイル」のパートのレベルを標準以上に引き上げマスターした上で、更に突き詰めてスキルを磨いていく必要があります。

それではそのスキルの磨き方とは何でしょうか。

その方法の一つは、音を解釈して”細かい動き”を絶妙に盛り込んでいくトレーニングを行う事です。

そしてそのトレーニングの先にある表現は“アニマトロニクス”の表現につながります。

“アニマトロ二クス”の表現とは

アニマトロニクス(Animatronics)とは、内部にロボットが組み込まれたメカニカルな骨格へ、シリコンなどの伸縮可能な素材でリアルな筋肉と外皮へ造形された等身大の人形が、機械制御によってまるで生きているかのような動きを表現する事の出来る特撮技術(VFX:ビジュアル・エフェクツ)の事です。

その動きは人間の手によるリモートコントロールによって、キャラクターのイメージに限りなく近づけた滑らかな動きを演出する事で表現していますが、複合的に構成された機械を制御する事によって駆動しているため、スムーズなモーションの間で時折”ひっかかりのあるぶれ”を生じる事があります。

このスムーズなモーションの間で生じる”ひっかかりのあるぶれ”を含めたメカニカルな動きの表現をアニメーションの表現に取り入れて表現する事によって”アニマトロ二クス”の表現となります。

ポッピン・タコのアニマトロ二クス

“アニマトロ二クス”の表現はポッピン・タコが開発した表現で、その表現のインスピレーションは、主にアニマトロニクスの特撮技術を使用したSF映画から得ています。

例えば、ポッピン・タコがインスピレーションを得ているものの一つに映画「ジュラシック・パーク」(1993年)のTレックスが挙げられます。

その表現はストップモーション・アニメーションスタイルのTレックスの動きの中にアニマトロニクスのメカニカルな動きの要素を織り交ぜる事によって表現しています。

“細かい動き”の基礎トレーニング例

以上を踏まえ、ここからは”細かい動き”の基礎トレーニングの一例として「ひざ」を取り上げて解説していきます。

ポッピングの身体の使い方には「ひざを前に出してダウンする方向に1回ポップする」というやり方がありますが、この身体の使い方を利用して2回続けて連打します(※擬音だと小刻みに「ダダッ」というイメージです)。

更に今度は3回続けて連打します(※擬音だと小刻みに「ダダダッ」というイメージです)。

出来るようになったら、反対にひざをダウンした状態からアップする方向へ2回、慣れたら3回と続けて連打するトレーニングを行います。

この動作はひざの関節を伸ばす方向で行う動作となりますが、ケガの防止のためにひざは伸ばしきらないところまでとし、脚の筋肉をコントロールしながら行いましょう。

このような身体の使い方を基本として、ひざだけでなく全身のあらゆる部位で自由自在に使いこなせるようにトレーニングしていきます。

参考

リキッドアニメーションスタイルとアニマトロニクスを組み合わせた表現です。

動画の中盤から終盤にかけて身体がぶれて見えるところが出て来ますが、これは動画の乱れではなく意図的にアニマトロニクスの視覚効果を入れて表現しているためにそのように見えています。

“細かい動き”の応用

“細かい動き”を全身のあらゆる部位で自由自在に使いこなせるようになったら、リキッドアニメーションスタイル、ストップモーション・アニメーションスタイルの各アニメーションスタイルへ組み込んで更に使いこなせるようにトレーニングします。

参考

随所に細かい動きを入れて表現した、リキッドアニメーションスタイルとストップモーション・アニメーションスタイルのハイブリッド型アニメーションダンスです。

留意点

このような細かい動きを使った表現は、アニメーションダンスを表現する醍醐味の一つであると共にアニメーションダンサーの力量の見せ場でもあり、また、センスが問われるところでもあります。

しかしながら、これらのスキルというのは基礎の下地があってこそ映えるものであり、基礎が出来ていない段階で実践しても効果的に見せる事が出来ないものです。

そのため、これらのスキルは、効果的に見せるに耐えうる基礎の下地をしっかりと作ってから実践する事をおすすめします。

また、これらのスキルを使いこなせるようになったからといっても、音楽と動きが一体となったダンスの表現に昇華したものでなければ単なる芸で終わってしまうという事を忘れないように心に留めておきましょう。

おすすめコンテンツ

アニメーションダンス動画

アニメーションダンスの動画をYouTubeで公開しています。また、各種ムーンウォークの動画も公開しています。

 

アニメーションダンス解説

アニメーションダンスを習得するポイントを全12回シリーズで解説しています。

全12回の解説でアニメーションダンスに必要な基礎知識を体系的にまとめているため、第1回から第12回までの解説内容を理解する事によって、全体像を捉えた上でアニメーションダンスに取り組む事が出来るようになります。

アニメーションダンス講座|12のステップでわかる基礎・技・練習方法
「アニメーションダンスの構造」を理解するために取り組むべき事を12のステップ形式で解説します。

それでは、またの機会にお会いしましょう。

KAIZOU NINGEN

ダンス研究家。専門はムーンウォークとアニメーションダンス。幼少期にマイケル・ジャクソンのメカニカルな動きを取り入れたダンスに影響を受け、1990年よりダンスの研究を始める。マイケル・ジャクソン没後10年特集番組へ情報提供(TBS「一番だけが知っている」:2019年)。

フォロー
アニメーションダンス 基礎
スポンサーリンク
KAIZOU NINGEN
タイトルとURLをコピーしました