ムーンウォークのやり方|マイケル・ジャクソンから学ぶ上半身の姿勢

マイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)のしくみから表現のポイントまでを全10回にわたり解説していくシリーズの第9回目です。
ムーンウォーク講座|10のステップで上達するムーンウォークのやり方
マイケルのムーンウォークを従来のハウツーや完全コピーではなく「クリエイティブの観点」から解説します。
スポンサーリンク

ムーンウォークのやり方|マイケル・ジャクソンから学ぶ上半身の姿勢

バックスライドの上半身の姿勢は大別すると「直立姿勢」と「前傾姿勢」の2つに分かれます。

このうち理想的なバックスライドの上半身の姿勢は「前傾姿勢」です。

マイケル・ジャクソンは自身のムーンウォーク(バックスライド)の表現を確立していく過程において上半身の姿勢についてもよく研究しており、1983年のモータウン25(※1)での初披露の後は直立姿勢から前傾姿勢へ変更しています。

そしてその角度もムーンウォーク(バックスライド)の表現の変化にともない「最適な前傾角度」へと改良して進化していきました。

そこで今回は「バックスライドの上半身の姿勢」にスポットを当て、マイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)の前傾姿勢の角度の変遷から導き出した「最適な前傾角度」について詳しく解説していきたいと思います。

※1:マイケル・ジャクソンがジャクソン5時代に所属していたレコードレーベル「モータウン」の設立25周年を記念して開催された音楽の祭典。そのハイライトは1983年5月16日に全米でTV放送された。祭典の正式名称は「Motown25: Yesterday, Today, Forever」(モータウン25:昨日、今日、そして永遠に)。

バックスライドの2つの上半身の姿勢

冒頭で解説したように、バックスライドの上半身の姿勢は「直立姿勢」と「前傾姿勢」の2つの姿勢があり、理想的なバックスライドの上半身の姿勢は「前傾姿勢」です。

なぜなら前傾姿勢とする事によって最適なバックスライドの歩幅を取る事ができるからです。

直立姿勢

直立姿勢でバックスライドする場合、身体の構造上、歩幅はどうしても小幅に制限されてしまいます。

なぜなら足をバックスライドする際に後方へ深くスライドしたくても直立姿勢の状態が後方へスライドする足の可動範囲に制限をかけ、それ以上足を深くバックスライドする事ができなくなってしまうからです。

モータウン25の上半身の姿勢

たとえばマイケル・ジャクソンがムーンウォーク(バックスライド)を初披露した1983年のモータウン25の時の上半身の姿勢は、前傾姿勢ではなく「直立姿勢」です。

モータウン25の歩幅

そしてこの時のムーンウォーク(バックスライド)のおもな歩幅は自分の足のサイズの0.5~1倍で、これ以降披露したムーンウォーク(バックスライド)の歩幅と比較すると「もっとも歩幅が小さい時期」でした(※2)。

※2:詳しくは第6回目の「ムーンウォークのやり方|マイケル・ジャクソンから学ぶ最適な歩幅」を参照。

前傾姿勢

一方、前傾姿勢でバックスライドする場合、歩幅は直立姿勢よりも大きく取る事ができます。

なぜなら上半身を前傾する事によって後方へスライドする足の可動範囲を大きく取る事ができるため、これにより直立姿勢よりも足を深くバックスライドする事ができるからです。

モータウン25の後の上半身の姿勢

モータウン25の後、マイケル・ジャクソンはムーンウォーク(バックスライド)の上半身の姿勢を直立姿勢から「前傾姿勢」へ変更します。

マイケル・ジャクソンが前傾姿勢へ変更したおもな背景は「歩幅を大きく取りながらバックスライドする表現」へと改良したからです。

モータウン25の後の歩幅

前傾姿勢へ変更したモータウン25の後の歩幅は、たとえば1987年のバッドツアーや1992年のデンジャラスツアーを見てもわかるように、モータウン25の0.5~1倍よりも大幅に改良している事がわかります。

例1. バッドツアー(1987年)

2倍、2.5倍以上の突出した数値も叩き出していた「攻め」の時期。

◇おもな歩幅:1.3~1.8倍

例2. デンジャラスツアー(1992年)

「歩幅を大きく取りながらバックスライドする表現」でムーンウォーク(バックスライド)の一つの完成形に到達。

◇おもな歩幅:1.2~1.7倍(※おもに1.5倍を推移)

最適な前傾角度とは

マイケル・ジャクソンは自身のムーンウォーク(バックスライド)の表現を確立していく過程において上半身の姿勢についてもよく研究しており、直立姿勢から前傾姿勢へ変更するだけではなくムーンウォーク(バックスライド)の表現の変化にともないその角度も「最適な前傾角度」へと改良して進化していきました。

マイケルの前傾姿勢の角度の変遷

マイケル・ジャクソンの「前傾角度」は80年代と90年代で異なっており、そのおもな角度は次の2つです。

※本解説における「前傾角度」とは、「直立姿勢を0°として、その姿勢から前傾した時に生じる角度」の事です。

1. バッドツアー(1987年):前傾角度15°

ムーンウォーク(バックスライド)のクオリティーを完成度の高いレベルまで引き上げたジャクソンズヴィクトリーツアー(1984年)を経て全面的にブラッシュアップした時期の前傾角度。このバッドツアーでは前傾角度15°の最終バージョンを披露。

2. デンジャラスツアー(1992年)以降:前傾角度10°

「歩幅を大きく取りながらバックスライドする表現」でムーンウォーク(バックスライド)の一つの完成形に到達した時期の前傾角度。この角度はマイケル・ジャクソンがムーンウォーク(バックスライド)を完成したヒストリーツアー(1996年)でも採用。

マイケルが最終的に採用した「前傾角度」と「歩幅」

前述のように、マイケル・ジャクソンは1996年のヒストリーツアーで自身の掲げる「月の上を歩いているかのように後ろと前へ同時に歩いていくムーンウォーク」の表現コンセプトである「前に進んでいるようで後ろへ進んでいくバックスライド」を完成します。

これ以降披露したムーンウォーク(バックスライド)は、このヒストリーツアーの「完成版」をベースに展開していきました。

そのヒストリーツアーの「前傾角度」と「歩幅」は次のとおりです。

ヒストリーツアー(1996年)

モータウン25への原点回帰とムーンウォーク(バックスライド)の完成。

◇前傾角度:10°

◇おもな歩幅:0.5~1.6倍(※おもに1倍を推移)

最適な前傾角度とは

以上を踏まえ、マイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)の前傾姿勢の角度の変遷から導き出した「最適な前傾角度」は10~15°です。

バックスライドの上半身の姿勢の取り方

ここからは「バックスライドの上半身の姿勢の取り方」について解説していきます。

最適な上半身の姿勢の取り方

バックスライドの上半身の姿勢は、「最適な前傾角度」と「最適な歩幅」の2つの要素によって成り立っています。

この2つの要素によって成り立っている「最適な上半身の姿勢の取り方」については次の手順で行います。

1. 「最適な前傾角度」を取る

2. 「最適な歩幅」を取る

3. バックスライドの動作へ組み込む

1. 「最適な前傾角度」を取る

はじめに背中から腰の角度を「最適な前傾角度」とします。

具体的には、マイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)の前傾姿勢の角度の変遷から導き出した「最適な前傾角度」である10~15°とします。

2. 「最適な歩幅」を取る

次に1の「最適な前傾角度」を維持した状態から足を後方へ1歩スライドし、後方へスライドし終わった直後の歩幅を「最適な歩幅」とします。

具体的には、足を後方へ1歩スライドし終わった直後の「つま先を立てていない方の足」のかかとをA点、「つま先を立てた方の足」のつま先をB点とし、このA点からB点の間の歩幅をマイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)の歩幅の変遷から導き出した「最適なバックスライドの歩幅」である自分の足のサイズの1~1.5倍とします(※3)。

※3:詳しくは第6回目の「ムーンウォークのやり方|マイケル・ジャクソンから学ぶ最適な歩幅」を参照。

3. バックスライドの動作へ組み込む

そしてこの2つの動作を実際にバックスライドの動作へ組み込んで練習します。

安定したバックスライドとするためには、バックスライド1歩目からスムーズに体勢を整えていく事が重要です。

そのバックスライド1歩目の動作の流れは次のようになります。

この動作の流れで大事なポイントは、バックスライド1歩目を終えた直後の姿勢で「最適な前傾角度」の姿勢と「最適な歩幅」を取り終えている事です。
1. 「つま先を立てていない方の足」をバックスライドする

「ムーンウォークの構え」(※4)から「つま先を立てていない方の足」(右足)をバックスライドします(図の右)。

※4:バックスライドに入る直前につま先を立て、その「つま先を立てた方の足」のつま先へ体重の半分以上を乗せる動作の事。ここではつま先へ体重を乗せずにつま先をスッと素早く立ち上げる動作までを行う。

2. 徐々に上半身の姿勢を前傾姿勢へと傾斜していく

この「つま先を立てていない方の足」(右足)をバックスライドしていく過程で徐々に上半身の姿勢を前傾姿勢へと傾斜していきます。

3. 「最適な前傾角度」と「最適な歩幅」を取る

そしてバックスライド1歩目を終えて「つま先を立てていない方の足」(右足)がつま先立ちとなった直後に「最適な前傾角度」の姿勢を取り終えている状態とします(図の左)。

それと同時に「最適な歩幅」も取り終えている状態とします(図の左)。

参考:バックスライドの上半身の姿勢

以上が「バックスライドの上半身の姿勢」についての解説でした。

参考までに私の場合、「前傾角度」は1987年のバッドツアーの前傾角度15°を採用しています。

また、おもな「歩幅」は自分の足のサイズの0.8~1.4倍です。

私のバックスライドの動画では、マイケル・ジャクソンがムーンウォーク(バックスライド)の完成に到達した1996年のヒストリーツアーの歩幅の「1倍」という数値にリスペクトの意味を込めて、自分の足のサイズの1倍を推移するように表現しています。

スポンサーリンク

次にやるべき事

バックスライドの上半身の姿勢について理解した次にやるべき事は、マイケル・ジャクソンの「ムーンウォークの表現」について理解する事です。

Billie Jeanの間奏の部分でマイケル・ジャクソンが表現する「ムーンウォーク」は、当時ストリートダンサーの間で流行りつつあった、かかとからつま先にかけて後方へ交互にスライドしながら移動していく「バックスライド」にインスピレーションを受けてできた表現です。

そのため、バックスライドもマイケル・ジャクソンの「ムーンウォーク」も名称が違うだけで双方に違いはないように思う人もいると思います。

しかしマイケル・ジャクソンは、かかとからつま先にかけて後方へ交互にスライドしながら移動していくこの表現の事を決して「バックスライド」とは呼ばず、自身の掲げた標語の「ムーンウォーク」として呼ぶ事にこだわりを持っていました。

バックスライドとマイケル・ジャクソンの「ムーンウォーク」の違いは、バックスライドが「足元に限定した表現」であるのに対し、マイケルの「ムーンウォーク」は足元だけではなく身体全体を一つの「表現」としているところに違いがあります。

しかしながらほとんどの人は、マイケル・ジャクソンがムーンウォーク(バックスライド)を演じている時にマイケルの「足元」、すなわちマイケルがかかとからつま先にかけて後方へ交互にスライドしながら移動していく「足の移動の動き」を見ています。

そのため、マイケル・ジャクソンがこの演出の中でもっとも力を入れ、そしてオーディエンスへもっとも見せたかった「ムーンウォーク」を、「足元に限定した表現」として見ている人はいても「ムーンウォークの表現」として見ている人はほとんどいない事でしょう。

【第10回】ムーンウォークの表現についての解説

そこでシリーズ最終回となる次回はマイケル・ジャクソンの「ムーンウォークの表現」にスポットを当て、マイケルがムーンウォークを表現する上でもっとも力を入れていた「視覚効果」とは何かについて詳しく解説していきたいと思います。

ムーンウォークのやり方|マイケルがもっとも力を入れていた表現とは
マイケルがムーンウォークを表現する上でもっとも力を入れていた「視覚効果」とは何かについて解説します。

それではまた次のコンテンツでお会いしましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

あわせてチェックしたい「おすすめコンテンツ」です。

ムーンウォーク動画

各種ムーンウォークの動画をYouTubeで公開しています。

☆YouTubeチャンネルは こちら

バックスライド

マイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)のしくみから表現のポイントまでを全10回シリーズで解説しています。

ムーンウォーク講座|10のステップで上達するムーンウォークのやり方
マイケルのムーンウォークを従来のハウツーや完全コピーではなく「クリエイティブの観点」から解説します。

サイドウォーク

マイケル・ジャクソンのサイドムーンウォークの表現の基本となるサイドウォークのやり方とそれに関連するアニメーションダンスについて解説しています。

サイドウォークのやり方|マイケルに学ぶ横へ移動するムーンウォーク
マイケルのサイドムーンウォークの基本となるサイドウォークのやり方とアニメーションについて解説します。

その場ムーンウォーク

マイケル・ジャクソンの「その場ムーンウォーク」のしくみと足の使い方について解説しています。

マイケル・ジャクソンの「その場ムーンウォーク」の仕組みとやり方
マイケル・ジャクソンの「その場ムーンウォーク」の仕組みと足捌きのやり方について解説します。

回転ムーンウォーク

マイケル・ジャクソンの回転ムーンウォークでおさえておくべき主要5種の回転ムーンウォークについて解説しています。

マイケル・ジャクソンの回転ムーンウォークのやり方|主要5種を解説
マイケル・ジャクソンの回転ムーンウォークでおさえておくべき主要5種の回転ムーンウォークを解説します。

マイケルのムーンウォークを乗り越える

マイケル・ジャクソンのムーンウォーク(バックスライド)を乗り越えるための考察と方法について全5回シリーズで解説しています。

マイケル・ジャクソンのムーンウォークを乗り越える方法
マイケル・ジャクソンのムーンウォークを乗り越えるための考察と方法を全5回シリーズで解説します。
KAIZOU NINGEN

ダンス研究家。専門はムーンウォークとアニメーションダンス。幼少期にマイケル・ジャクソンのメカニカルな動きを取り入れたダンスに影響を受け、1990年よりダンスの研究を始める。マイケル・ジャクソン没後10年特集番組へ情報提供(TBS「一番だけが知っている」:2019年)。

フォロー
バックスライド
スポンサーリンク
KAIZOU NINGEN
タイトルとURLをコピーしました